• ホーム
  • 早漏を克服するには効果的なトレーニング方法を見つけよう!

早漏を克服するには効果的なトレーニング方法を見つけよう!

早漏に悩んでいる日本人は非常に大勢おり、3~5人に1人は見られるという現実が少なくなく、それにより性行為を思うように楽しめなくなり、パートナーとの関係が劣悪になってしまう状況はよくあることです。早漏には体質が関係していると思われていますが、トレーニングを導入すれば持続時間を2倍以上に延ばすことも可能になるので、例えば3分で射精してしまう人なら6分以上の持続時間が期待でき、パートナーの満足度が向上するでしょう。

最近は早漏トレーニングが手軽にできるグッズが登場しており、段階的に刺激に慣らしていくことで早漏を克服できるメリットがありますから、1分で射精してしまう男性も最終的には5分以上の持続ができるようになる可能性が高いです。持続時間が3分くらいだと早漏だと判断されることが多いですが、5分くらいになると許容範囲と答えてくれる女性が増えてきますので、まずは5分を目的にトレーニングを実践し、最終的に10分程度を目指してください。

女性がオーガズムを感じるには10分程度かかると言われていますので、パートナーとの性行為を最高の形で楽しむためにも持続時間を延ばす必要があり、そのためにはメンタルトレーニングが重要になってきます。過度の緊張があると暴発する可能性が高くなりますので、よい意味で冷静になって性行為を楽しめるように性的興奮を適度にコントロールし、必要に応じて自慰を取り入れるなど工夫してペニスを適度に鈍感にしましょう。

トレーニングをするときは自分が効率よく我慢できる方法を模索していく必要があり、そのために適切なペースや深度などを模索しながら、射精しそうになった場合はペースを落としたり、肛門付近を緩めるなどして対処してください。射精感が急激に湧き上がってくる人はハードペースでピストンしているケースが多いので、いつもよりスピードを遅くするように意識し、どの程度持続時間が延びるのか確認をしながら今後のピストンスピードを決定していきます。

早漏のトレーニングは自慰を通して行うことができますので、2~3日に1回くらいの頻度で実践をしながら亀頭を刺激に強くしていき、実際の性行為での持続時間の変化をチェックし、今度の対策を考えていきましょう。包茎の男性は亀頭が包皮で隠れているので亀頭を鈍感にするのが難しいため、可能であれば包茎手術をして亀頭を露出させるのが好ましく、それができない場合はローションで包皮を剥けやすくしてから自慰トレーニングを実践するのがおすすめです。