• ホーム
  • 早漏の症状を和らげる際にコンドームは有効?素材や長さにもこだわるべき?

早漏の症状を和らげる際にコンドームは有効?素材や長さにもこだわるべき?

普段はコンドームを着用しない人がたまたま装着したら、いつもより大幅に持続時間が延びたという話は少なくありませんが、これはコンドームを装着することで亀頭が守られて性的刺激からの耐性が生じるためです。早漏に悩んでいる男性は亀頭を鈍感にするためにも、ある程度厚みのあるコンドームを使用するのが好ましく、数値が大きくなるほど鈍感になりますので、早漏の程度に合わせて使い分けて持続時間を延ばしていきましょう。

素材に関しては天然ゴムラテックスは柔らかくて感触を敏感に得られやすいのに対して、ポリウレタンはやや硬さがあるので感度が鈍くなる可能性がありますが、早漏の人からすれば快感がちょうどよいレベルになるとの声が多いです。ゴムの長さに関しては早漏とはあまり関係性がありませんが、短いより長いほうが外れにくいので安心感が生まれて、リラックスした状態で性行為ができるので、緊張に伴った早漏を予防できるケースは少なくありません。

コンドームは目的に合わせてさまざまなタイプが販売されており、中には亀頭を鈍感にする液剤が塗布されたタイプもあり、実際の効果に加えてプラシーボ作用も期待できますので、格段に持続時間が延びたという話は多いです。コンドームは相性の問題もあるので実際にいろいろなタイプを試してみて、自分とパートナーが満足できる程度の持続時間に調整できるものを選ぶのが好ましく、一方で極端に遅漏になるようだと別の意味で不満が生じてくるので注意してください。

最近のコンドームは超極薄タイプが人気で、いかに装着していない感覚を演出するかがコンセプトになっていますが、早漏に悩んでいる人のための極厚タイプも登場していますので、コンドームでの早漏対策は以前より容易になっています。一般的に値段が安価なものほど厚みがありますので、すぐに射精して困っている状況では格安のコンドームを試してみるのが得策で、極薄タイプと比較して持続時間が2倍以上になったという声が聞かれています。

もともとコンドームは避妊よりも性病を予防する意味合いが強いですが、最近では早漏を解消するアイテムとして活用するケースが増えてきており、特に性行為の経験が不十分で暴発してしまうような状況でおすすめです。現在はネット通販で気軽に商品の比較ができますし、使い心地のレビューなども見られますから、何を選べばよいのかわからないときは3~5種類程度を選んで、使用感や早漏防止効果などを比較して満足度が高いものを愛用してください。