血便

血便は病気のサイン!?

排便後に見てみたら血便が出てた…。

 

それを見たあなたは「大丈夫だろうか」と強い不安を感じているのではないでしょうか。

 

中には「ただの切れ痔だろう」なんて思っている人もいるかもしれません。

 

ですが、

 

ただの痔だろうと思っていたら、実は大腸ガンだった…

 

なんてこともあるのです。

 

血便にはある病気の症状として現れる一つのサインということもあるため、排便時や排便後などに
血便が見られた場合は、その原因が何なのかを知ることで、症状に合わせて対処することができます。

 

早めに対処することで症状の軽いうちに改善できるので、症状が悪化して取り返しのつかない状態に
なる前に、根本的な解決を目指しましょう。

 

血便が出た時にはどうすればいい?

血便が排便後に見られた場合、流してしまう前にまずはちゃんと観察してみましょう。

 

原因となっている症状によっては血便の状態にも違いが見られるので、検査や症状を改善するうえでも
重要となります。

 

 

血便の色は赤?それとも黒?

血便とは便に血が混じった、または便の表面についた状態のことを言いますが、出血した部位に
よっては色が変化する場合もあります。

 

もし真っ赤な血便が見られた場合には肛門から近い部位での出血が考えられるため、大腸や肛門
からの症状だと思われます。

 

切れ痔

大腸ガン

大腸ポリープ

 

赤ではなく、コールタールのような黒い便が見られた場合、肛門から遠い部位での出血が考えられるため、胃や小腸などからの症状が疑われます。

 

胃潰瘍

十二指腸潰瘍

 

粘液が血便に混じっている?

粘液の混じった血性の下痢が続く場合、潰瘍性大腸炎による症状が疑われます。

 

重症化してくると発熱や腹痛などを伴う場合もあります。

 

潰瘍性大腸炎

 

また、粘液とともに膿のいた付いた血便がみられた場合、大腸憩室症を引き起こしている可能性が
あります。

 

下血は鮮紅色から暗赤色で、あまりひどい出血になることは稀です。

 

大腸憩室症